ジェイク・パーク

ジェイク・パーク

ジェイク・パークの生い立ちと背景…バックストーリー

裕福な社長の息子として育つ、ということは、ジェイク・パークにとってはプレッシャー以外の何ものでもなかった。

特に、彼の兄がイェール大学を優秀な成績で卒業した時、そのプレッシャーはさらに高まっていく。ジェイクは学業に励むタイプでは無かったのだが、彼の父親は、ジェイクに惜しみなく与えた高価な高等教育を、なぜ彼自身が拒絶するのか理解することはなかった。

そして、ついにジェイクは自主退学することで自らの意思を示すこととなる。

現在、ジェイクはとある森の端で暮らしている。彼は父親ともう数年以上も話をしていないが、母親とは時々連絡をとっていたため、最後には、その母親が警察を呼ぶこととなった。

警察は、彼が「森の中に消えた」と主張し、何日も捜索を行ったが、悪天候のために中断を余儀なくされた。母親の懇願とは裏腹に、ジェイクの捜索が再開されることはなく、彼は「森での遭難死」として記録された。

ジェイク・パークの固有・ティーチャブルPERK



写真 パーク名 効果名
Iron Will
(鋼の意志)
負傷時、動かないでいると発する呻き声の大きさを50・100・100%少なくする
PERK:Lv3の場合、這いずり状態を除いて常に呻き声が出なくなる

◇teachable at level 30

Calm Spirit
(魂の平穏)
動物(カラス)が騒ぐ確率が80・90・100%減る

◇teachable at level 35

Saboteur
(サボタージュ)
工具箱無しで肉フック(※)、罠を解体する事ができるようになる
ただし、工具箱を使用せずに解体行為をすると以下のペナルティを受ける
解体速度が30・40・50%化 スキルチェックの有効範囲が20・10・0%減少

工具箱を使って解体行為をするとアイテムの使用効率が50・75・100%上昇

◇teachable at level 40

人気の記事