クローデット・モレル

クローデット・モレル

クローデット・モレルの生い立ちと背景…バックストーリー

両親から最初に「科学キット」を与えられた時から、クローデット・モレルは実験が大好きになった。

ひたむきな探求心によって、彼女は有名大学の早期奨学金を勝ち取る。モントリオールを離れることは彼女にとって大きな決断ではあったものの、逃すには大きすぎるチャンスでもあった。

内気な彼女にとって、チャットルームとネット掲示板が最も大きな「社会との接点」となり、「サイエンス・ガール」というニックネームで植物学の質問に答えることが新たな楽しみの1つとなった。

ある夜、街から帰路につく長いバス移動の途中、ふらりと散歩に出たことが、クローデットの人生を変えてしまった。

彼女が深い森の中で方向感覚を失うのに数分もかからず、二度と帰り道を見つけることはできなかった。

ネットの友人たちがクローデットを心配し始めたのは、彼女の投稿が途絶えた1週間後のことであった。

クローデット・モレルの固有・ティーチャブルPERK



写真 パーク名 効果名
Empathy
(共感)
32・64・無制限m内にいる負傷中の味方を可視表示化する
PERK:Lv3だと距離に関係なく常に負傷中の味方位置が可視化される

◇teachable at level 30

Botany Knowledge
(植物学の知識)
治療速度が10・15・20%上昇する
治療アイテムの効果が10・15・20%上昇する

◇teachable at level 35

「基本的な植物学の知識がいつかあなたの命を救うかもしれない。」

Self Care
(セルフケア)
回復キット無しで自分自身を治療可能
(ただし治療速度は回復キット使用時の50%)
自分に使う時のみ回復キット使用時の使用効率が10・15・20%上昇

◇teachable at level 40

人気の記事