ピッグ(アマンダ・ヤング)

ピッグ(アマンダ・ヤング) – 「SAW ソウ」


(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「Dead By Daylight」公式より – https://www.youtube.com/channel/UCaSgsFdGbwjfdawl3rOXiwQ/videos )

はじめ私は目の前に潜むそれを、「豚」だと思っていた。

その獣は生気の無い瞳で私を見やると2本の脚で立ち上がった。

私は走った。

数フィートを走りきったところで、私は自分自身の好奇心に負けて、脱出することをやめてキャビネットへと隠れた。

キャビネットの隙間から、まるで捕食者であるかのように振る舞う豚を見ながら、私はそれが豚の頭部を被った人間だということを悟ったのだ。

その獣はいまやキャビネットをすぐそばを歩き、その鼻は私からたったの数インチしか離れていない。

私は息を殺して豚が過ぎ去り、この地獄から自由になることを祈った。

突然鳴り響いた音が豚の注意を引くと、その獣はその場を離れていった。

それは私に本当の終わりを与えてはくれなかった。

最後のあの「視線」…あれはまるで私にチャンスが与えられたことを知らせたかのようだった。

おそらく、三度目は無いだろう。

ピッグ(アマンダ・ヤング)の立ち回り


(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「べるくら企画」より – https://www.youtube.com/watch?v=IQpLv6Rlt4g )


(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「ふぉじょれおP」より – https://www.youtube.com/watch?v=0OakBjpwqM0 )


(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「さとくろ satocro」より – https://www.youtube.com/watch?v=O_B1jHxoTSs )

ピッグ(アマンダ・ヤング)の固有・ティーチャブルPERK



写真 パーク名 効果名
Hangman’s Trick
(処刑人の妙技)
破壊・使用済み後のフックが30・20・10秒後に復活する。
また、生存者がフック破壊を行うと強調表示する。

◇teachable at level 30

「言い訳はなし、ごまかしもなし……泣き言もなしよ」- アマンダ・ヤング

Surveillance
(監視)
火花を散らす発電機を1つ・2つ・3つまで16秒間白く可視表示する。
破壊行動を行う度に可視表示は古い物から入れ替えられる。

◇teachable at level 35

「大人しくして?」- アマンダ・ヤング

Make Your Choice
(選択は君次第だ)
フック救助成功時に48・40・32m以上離れてる場合、効果発動。
フック救出を行った生存者を一撃で這いずり状態にする。
ただし、このパーク効果は60秒の時間制限がある

発動すると、効果の再使用までに60秒必要。

◇teachable at level 40

「どんな道具が命を救えるか、知ったら驚くでしょうね」- アマンダ・ヤング

ピッグ(アマンダ・ヤング)のアドオン:ジグソウの洗礼

アイコン 名前 効果の重複 説明
Workshop Grease
(工業グリス)
する ジグソウ箱のスキルチェック発生率が僅かに増加する(+1%)
Shattered Syringe
(割れた注射器)
する 奇襲攻撃の失敗時、硬直時間が僅かに減少する(-25%)
John’s Medical File
(ジョンのカルテ)
する 奇襲攻撃の溜め時間が僅かに減少する(-50%)
Combat Straps
(軍用ストラップ)
する 屈み状態に移行する時間が僅かに減少する
Video Tape
(ビデオテープ)
する 奇襲攻撃の溜め時間が僅かに減少する(-50%)
奇襲攻撃を失敗時、硬直時間が僅かに減少する(-25%)
Utility Blades
(作業用刃物)
しない 逆トラバサミを装着された生存者は出血状態になる
Razor Wires
(カミソリワイヤー)
する ジグソウ箱のスキルチェック発生率がより増加する(+2%)
Last Will
(遺言)
する 逆トラバサミの所持数が1つ増加する
Face Mask
(フェイスマスク)
しない 逆トラバサミを装着された生存者は視覚消失状態になる
(視覚消失状態中は可視表示が無効化となる)
ジグソウ箱の可視表示には影響しない
Slow-Release Toxin
(緩効性毒物)
しない 逆トラバサミを装着された生存者は疲労状態(※)になる
Rusty Attachments
(錆びた付属品)
しない 逆トラバサミを装着された生存者は重傷状態になる
Jigsaw’s Annotated Plan
(ジグソウの注釈付き設計図)
する ジグソウ箱の設置数が1つ増える
逆トラバサミのデスタイマーがより増加する(+20秒)
Interlocking Razor
(連動ノコギリ刃)
しない ジグソウ箱のスキルチェック失敗の減少量が劇的に増加する
Bag of Gears
(機械部品の袋)
する ジグソウ箱の探索終了時間が僅かに増加する(+14%)
逆トラバサミを装着させる時間が僅かに減少する(-20%)
Tampered Timer
(改造タイマー)
する 逆トラバサミのデスタイマーがより減少する(-30秒)
Jigsaw’s Sketch
(ジグソウのスケッチ)
する ジグソウ箱の設置数が1つ増える
Crate of Gears
(機械部品の箱)
する ジグソウ箱の探索終了時間が大幅に増加する(+30%)
逆トラバサミを装着させる時間がより減少する(-50%)
Amanda’s Secret
(アマンダの秘密))
しない 殺人鬼側はジグソウ箱の可視表示が無効化
生存者が逆トラバサミを解除すると強調表示される
逆トラバサミを解除した生存者を6秒間可視表示化する
Rules Set No.2
(ルールセットNo.2)
しない 生存者が逆トラバサミ装着時、ジグソウ箱の可視表示を無効化
この効果は逆トラバサミが作動開始すると消失する
Amanda’s Letter
(アマンダへの手紙)
する 屈み状態の間、12m以内の生存者を可視表示化する
逆トラバサミの所持数が3個減少する
ジグソウ箱の設置数が2つ減少する

ピッグ(アマンダ・ヤング)の生い立ちと背景…バックストーリー

被害者に「ゲーム」と称する様々な生死を賭けた殺人儀式を課し、これを成功するかどうかを見届ける。本人は、その目的より「更生のためのテスト」とも称し、対象者を「被験者」と呼ぶ。

まず、被害者の生い立ち、性格を十分に調査した後に麻酔などで眠らせて誘拐し、ゲームの装置に取り付けて自分は観察できる間近な位置で待つ。被害者が目を覚ますと、予め録画か録音したものをテレビかポケットレコーダーによって再生させ、被害者が置かれた状況、被害者が何であるか、そしてゲームの説明をする。説明の終了か被害者のアクションを引き金として時計を作動させ、時間制限以内にゲームを攻略しなければトラップを発動、死ぬかそれに近い状態にさせる。ゲーム終了後、失敗していれば、被害者の生死に関わらず外界と完全に隔離して立ち去り、生きていても警察が発見する頃には死亡、または発見自体されない。成功した場合は、録画録音で讃える場合があるが、基本的にはそのまま立ち去り、被害者は警察に保護される。

ゲームの内容は被害者の性格や経歴によって相応のものが用意され、主には拷問装置のような機械仕掛けの装置に固定された状態で始まり、制限時間を超えると装置の作動によって身体を激しく損壊させられて死亡する。また、制限時間内であっても、大抵は初期状態で身体に重傷を負っていたり、ゲームクリアのために身体を犠牲にする必要があったりし(硫酸の中の鍵を素手で拾う、目をメスで切り開いて鍵を手に入れるなど)結局、成功しても命は助かるが悲惨な状態になる。結果的に被害者は身体を犠牲にすることを躊躇し、制限時間間際で中途半端に身体を傷つけるが、間に合わず死亡するという最悪のパターンが多い。上記以外のケースとしては、(ある程度自由は利くが)どこかに隔離された状態、大切な人物の命が懸かっている、表向きは対象者の命は問題無いが他人の命を自分の判断で決めさせる(SAW3以降(SAW5を除く)のメインゲームはこの形)、もしくはそれらの複合などが挙げられる。被験者が命を判断する他人は、特に巻き込まれた理由が描写されないことや、どんな道を被験者が選んでも命が助からない場合もある。(但し、発想次第では(一見助からなかったように思えても)実際は助けることが可能だった場合も存在はする)いずれにせよ後述するゲームの目的より、成功するには、強力な生き延びる意志を示すことや、最初に指摘された業を治すことができるかどうかが鍵となる。

また、ゲームを拒否しようとしても、最終的に従わざるを得ないよう巧妙に計算し尽くされており、ジグソウのルールに従ってゲームを行わざるを得ない。

ゲームに敗れ命を落とした被害者は、ジグソーパズルのピースの形に皮膚の一部を切り取られる。本人曰く、これは人間として必要な要素(ピース)である「生存本能の欠如」の象徴だとしているが、一部の被験者を除き特に描写されていない。

(引用・出典:Wikipedia – ジグソウ

ジグソウまたはジグソウ・キラー(Jigsaw Killer)は、映画『ソウ』シリーズに登場する架空の人物。連続猟奇殺人犯。

「ゲーム」と称した儀式を行う殺人鬼。人間心理を巧妙に読み取る術に長けており、二重三重にも計算されたトラップを用意し、これまで数十人以上の犠牲者を出している。ただし、必ず生き残れる手段が作られており、殺人そのものが目的ではない

初期はジョン・クレイマーによる単独犯で、主にジグソウと言えば彼を指す。2作目以降は弟子などと共に複数犯となり、彼の死後は弟子が名を継いで犯行に及んでいる(登場はしないが、実際には1作目の時点で弟子が存在している)。

アマンダ・ヤングが「ゲーム」から生還した被害者の女性(『ソウ』)。そのショックで自暴自棄となっていたが、ジョンが直接接触を図り、そのままジグソウの思想に感化され弟子および共犯者となる(『ソウ2』)。

ジョンを絶対的な存在として慕っていたが、ジグソウの理念である「被験者に生きる意味を見出させる」を単なる殺人嗜好と曲解しており、成功しても死亡する「ゲーム」を行っていた。それに気づいたジョンによって密かに「ゲーム」(テスト)にかけられるが目的の達成に失敗し、致命傷を負いながらジョンに「ゲームオーバー」を告げられ、ゲームの真相を悟りながら息絶えた。(『ソウ3』)。

『ソウ4』では、ジルを流産させたセシルが、実は彼女の恋人であり、強盗を指示したのも彼女であったことが明かされる。『ソウ3』における自身のゲームの失敗は、これを知っていたホフマンの脅迫が原因であった(ホフマンの項も参照)。

(引用・出典:Wikipedia – ジグソウ

元ネタとなった映画「ソウ」

『ソウ』 (SAW) は、2004年に公開されたアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。ソウシリーズの1作目。

猟奇殺人鬼ジグソウによって密室に閉じ込められ、ゲームを強要させられた2人の男性を主軸に話が展開する。残酷なシーンが多いため、日本ではR15+指定。

原題の “SAW” は、「のこぎり」と「見る (see) の過去形」、そして劇中謎を投げかける犯人の名前、ジグソウ (Jigsaw) の3つの掛詞になっている。さらに、主人公の職業である外科医を意味する語 (sawbones) や立場逆転のこと (seesaw) も示している。こちらの2つは、公式サイトにある壁紙にも表記されている。なお、SAWの発音は「ソウ[sou]」ではなく「ソー[sɔː]」である。

サンダンス映画祭において2004年1月19日に上映され、低予算ながら視聴者の意表をついて翻弄する技巧的なストーリー展開で好評を博した。

目が覚めると、部屋の中央には死体。対角線上には足を鎖でつながれた2人の男、ゴードンとアダム。犯人が突如として始めたゲーム。「君たちは死につつある」「6時までに相手を殺すか、自分が死ぬか」。与えられたのは、謎の猟奇殺人鬼「ジグソウ」からのメッセージが入ったカセットテープとテープレコーダー、弾丸1発、タバコ2本、着信用携帯電話、ノコギリ2本、写真。2人は犯人が部屋に残したヒントを手掛かりに、脱出しようとする。

一方、ジグソウを追っていたタップ元刑事は、異様な殺人現場に残された手がかりをもとに、ジグソウを追い詰める。

(引用・出典:Wikipedia – ジグソウ

人気の記事