「ドン勝」ってナンだ?

「ドン勝」って言うけど一体なんのこと?

ドン勝」は、フォートナイトと同タイプのバトルロイヤルゲーム「PUBG」が登場した際に流行したワードです。

「PUBG」ではバトルロイヤルで勝ち残ったゲーム勝利画面に「ドン勝」と表示されます。

英語版では「WINNER WINNER CHICKEN DINNER!」と表示されており、「Winner(ウィナー、勝者)」と「Chicken Dinner(チキンディナー、鳥の丸焼き、お祝いのごちそう)」の音で韻を踏んだジョークになっています。

欧米では、クリスマスや誕生日などのお祝いごとの際に「七面鳥の丸焼き」を食べる習慣があり、元々の語源はカジノのブラックジャックで使われていた決まり文句からと言われています。

昔のブラックジャックでは最低賭け金が「$2」であったことから、レストランのチキン定食の相場である「$2」を連想させ、プレイヤーが勝った時に、カジノのディーラーが賞賛の意味を込めて「今夜はチキンディナーが食べれますね!」と送った言葉。いつしかプレイヤー自身が歓喜して使う決まり文句となったようです。。

当時、PUBGの開発チームは、この「WINNER WINNER CHICKEN DINNER!」というフレーズのニュアンスを、なんとかうまく日本語に出来ないかと工夫していました。

ある日、日本語が分かるスタッフに聞いたところ、トンカツの「カツ」が「勝つ」と音が似ていると教わったことから、意図したダジャレとして「ドン勝」というパワーワードが生まれました。

日本語での読みかたには「ドンがち」「ドンしょう」など様々な読み方がされていますが、公式が「とんかつ」と「勝つ」をかけたダジャレとしていることから、「ドン勝つ(ドンがつ、ドンかつ)」が正しいようです。

フォートナイトでの勝利フレーズは「VICTRY ROYALE(ヴィクトリーロイヤル、ロワイヤルでの勝利)」ですが、現在もこの「ドン勝(ドンかつ)」で勝利を表現するプレイヤーもおり、ニコ生での公式放送などでは、ゲーム実況者が「(公式放送で)ドン勝って言っちゃってて焦った」と漏らしている場面もありました。

フォートナイトは、公式サイドが「実況プレイや動画投稿などオールオッケー」としている大らかな運営で知られていますが、実況プレイを投稿する際にエピックゲームズに忖度して「VICTRY ROYALE(ヴィクトリーロイヤル)」を使いましょう。

フォートナイト 攻略まとめ記事

人気の記事