0

世界中の全ての物語は6つの原型に分けられる?データ分析から解明「1700作の英文学は少なすぎ」「データ類型化は理系の得意技だよな」…2ch文学まとめ

 

全ての物語の6つの原型 データ分析から解明

米国の小説家カート・ボネガットは、自らの人類学の修士論文を「私が行った、文化に対する最も美しい貢献」と説明している。

「しかしそれはとてもシンプルで、とても楽しそうに見えたものだから、不合格になった」

彼の論文は跡形もなく消えてしまったが、ボネガットは人生を通してその裏にあった大きなアイデアを描き続けた。つまりは、「物語は方眼紙に描けるくらいの形をしている」ということだ。

ボガネットの言っていたことは現在、新たなテキストマイニング技術によって可能となった。最初にネブラスカ大学のマシュー・ジョッカーズ教授が、それからバーモント大学のコンピューテーショナル・ストーリー研究所の研究員が、何千もの小説のデータを分析して物語を6つのタイプに分類した。これらは物語の原型とも言えるもので、より複雑な物語を組み上げるときに使うブロックだ。バーモント大学の研究者は、1700作もの英文学から抽出した6つの類型を次のように説明した。

貧民から富豪型:不運から幸運へと上昇する、立身出世

富豪から貧民型:幸運から不運へと下降する、悲劇

イカロス型:一度は上昇するものの、その後に下降する

オイディプス型:下降した後に上昇し、また下降する

シンデレラ型:上昇した後に下降し、最後は上昇する

穴の中の男型:一度は下降するものの、苦境を脱して上昇する

引用・出典:
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44286945

256: 2018/07/02(月) 22:35:27.86
>>1
わかりやすく書き直すとこうなるが、

1.上昇
2.下降
3.上昇→下降
6.下降→上昇
4.下降→上昇→下降
5.上昇→下降→上昇

こんなの分類とは呼べないだろ。

要は、
「全ての(面白い)物語は『上昇』か『下降』またはそれらの3回未満の組み合わせ」
という一つの法則にまとめられる。

332: 2018/07/02(月) 22:48:56.53
>>256
それだと6つどころか無限に発散してしまうな。

初期値が上昇か下降から始まって、
n回繰り返して上昇か下降のどっちかになるだけ。
n回をパターンに入れたらいくらでも増えるよ。

342: 2018/07/02(月) 22:50:44.43
>>292
おお、ありがとう。
ちろっと検索したら、いろんな人がそれぞれ自分の言葉で論評してるね。
そういう作品は良い作品だ。

>>332
初期値が2種類 × nが奇数か偶数かで2種類 = 4種類
で良い気もする。

698: 2018/07/03(火) 00:03:30.48
>>332
長編でも「上昇」と「下降」を連続的に繰り返すのではなく、
入れ子構造のようになっていると思う。
大きな「上昇」の中に小さな「下降→上昇」が含まれて、
大きな「下降」の中にも小さな「上昇→下降」が含まれているというように。

例えば、「源氏物語」は上昇と下降をたくさん繰り返すが、
モテまくりの上昇期と、晩年の下降期に大きく分けられる。
上昇期も、途中で女が死んだりするので「上昇→下降→上昇」と言える。
その死んだ女も、最初は上手く行っていたので「上昇→下降」と言える。

719: 2018/07/03(火) 00:08:33.04
>>698
群像劇で、キャラごとに上昇と下降が同時に起こるパターンもあるね

柏木アゲアゲ、源氏サゲサゲ、みたいな

733: 2018/07/03(火) 00:11:50.30
>>698
そもそも上昇と下降の判別にかなり主観が入るね。

ママ母との間に赤ん坊が産まれるのを上昇と捉えるか下降と捉えるか?

人によって意見の割れる所だと思う。

分類と言うなら上昇と下降の定義からシッカリして欲しいね。
どうとでも言えてしまうのを「分析・分類」とは言えない。

382: 2018/07/02(月) 22:57:25.29
>>256
これ
理系にかかるとこういう風に分析されて
文系は消滅するw

438: 2018/07/02(月) 23:08:36.61
>>382
そもそも、分類や分析は理系のテリトリーだからねぇ。
如何に比較や数値化をして定量的に判別して、
主観による違いを排除して簡略化する。

460: 2018/07/02(月) 23:13:27.12
>>438
博物学以来の伝統だよね。
おそらく「分類」というのは、人間の脳の「アーキテクチャで
世界を把握するのに、最も適した方法なんだろう。

601: 2018/07/02(月) 23:43:57.35
>>382
理系の分析はその過程で色々なものが抜け落ちるからなあ。例えていうなら
卵粥を穴空き杓子ですくって食べようとしてもその大方は杓子の穴から
こぼれ落ちてしまってまともに粥を味わうことはできないのと同じようなものだ

11: 2018/07/02(月) 21:36:39.02
>>1
俺強えー → 俺強えー → やっぱり俺強えー

な、なろう系小説は?

20: 2018/07/02(月) 21:38:57.19
>>11
だよな。
スマホ太郎とか魔法科とかどうなるねん

427: 2018/07/02(月) 23:07:24.48
>>20
1番でしょ
死亡から異世界に生き返ってたら最強のスマホ太郎とか
俺弱いから実は最強のお兄様は

78: 2018/07/02(月) 21:50:56.90
>>11
wwwww

89: 2018/07/02(月) 21:53:10.01
>>11
ゴルゴ13

141: 2018/07/02(月) 22:06:16.80
>>11
生前の現実世界ではうんこ扱いされてたから、1型だろ

509: 2018/07/02(月) 23:25:19.69
>>11
1の究極形だな
不運不幸の要素を一切排除した心に響かないクソ

546: 2018/07/02(月) 23:33:11.13
>>11
一応不運→幸運なんでね?
不運の部分は一番最初に取って付けただけで
恐ろしくアンバランスだが

697: 2018/07/03(火) 00:03:14.45
>>11
ケンシロウとドラゴンボールだね。
ゲージが足らなくなるんだよね。

736: 2018/07/03(火) 00:12:15.95
>>697
ドラゴンボールはこれでしょ


>穴の中の男型:一度は下降するものの、苦境を脱して上昇する

細かく区分けされているこのパターンが最後まで繰り返されてる
強敵が出て叩きのめされる→修行してその敵を倒して成長する、の繰り返しの物語
ドラゴンボールに限らず、バトル系漫画のほとんどはこれ

>ボネガットは講義で「みんなこういう話が好きで、飽きることはない!」と話した。

確かにねw
昔からある王道のパターン

767: 2018/07/03(火) 00:22:18.27
>>11
北斗の拳なんてほぼそれじゃん

52: 2018/07/02(月) 21:45:37.19
>>1
素晴らしい大系ができたね(日本の小学生の夏休みの自由研究ネタかな..)
ナゾの収入不安でヒーローが結集する情けない話は当時には
なかったんだろうな.

56: 2018/07/02(月) 21:46:28.26
>>1
孤独のグルメはどの原型に分けられますか

82: 2018/07/02(月) 21:51:26.47
>>56
たぶんシンデレラ型

お腹が空いたが食事にありつける→上昇
ぶたがダブってしまった→下降
おしんこの爽やかな存在→上昇

93: 2018/07/02(月) 21:54:05.58
>>56
空腹という不幸から満腹の絶頂に至るから1

60: 2018/07/02(月) 21:47:00.05
>>1
男おいどんは何番目?

61: 2018/07/02(月) 21:47:05.59
>>1
うーん
上昇も下降もなく、淡々と平坦な物語もあるだろ
例えばサロイヤンの「我が名はアラム」とか、良い文学作品だと思うけど、上昇も下降もない

76: 2018/07/02(月) 21:49:52.64
>>1
こういうのも類型っていうのか?悲劇とか喜劇とかの方がわかりやすいんだけど。

133: 2018/07/02(月) 22:02:58.44
>>1
「全ての」とか調子こくから突っ込まれるんだよ

「調査の及ぶ範囲では」「管見によれば」「浅見ながら」など、
いろいろ免罪符はあるだろうに

143: 2018/07/02(月) 22:06:35.90
>>1
2番がまさに我が人生 オワタ\(^o^)/

160: 2018/07/02(月) 22:11:02.80
>>1
>主人公が何か素晴らしいものを見つけ、一度は失うものの、最後には取り戻すという内容だ。

ラピュタのパズーとシータ! 未来少年コナンとラナも。
パヤオに多いパターンかw

163: 2018/07/02(月) 22:11:44.18
>>1
江戸の浮世風呂はどうなるんだ

男風呂編
女風呂編
Cパート

江戸時代の神作品な

172: 2018/07/02(月) 22:14:15.20
>>1
俺的に分類すると3つのパターンになる。

1.始まりがあって終わりがある物語
2.始まりはあるけど延々と続いて終わりが見えない物語。
3.始まりはあるけど、終わりが始まりとつながってループしている物語。

182: 2018/07/02(月) 22:18:15.25
>>172
この3.は、紙の本では物理的に無理だったけど、
電子書籍なら本当に実現可能だよな。
ランダムな場所から読み始めて、ずーっとループ状の
物語が展開するの。


それを喜ぶ人がいるかは知らんがw

197: 2018/07/02(月) 22:22:28.26
>>182
ミヒャイル・エンデのネバーエンディングストーリーは第3類型。

230: 2018/07/02(月) 22:30:20.26
>>172
1.始まる前から終わっていた
2.そもそもそんなものなかった
3.始まって終わったらまた始まった
4.始まって終わったらまた始まって終わって始まった
5.始まって終わったらまた始まって終わって始まって終わった
6.以下略

444: 2018/07/02(月) 23:10:19.07
>>230
なんかそれ全てにあてはまる映画なかったか?
ソウとかいうグロい映画がシリーズ通してそんなだったような

175: 2018/07/02(月) 22:14:38.75
>>1
どんな話でも、無理やり「ぼくのかんがえた6つの類型」
のどれかに押し込んでるだけだろ

まあ、それでいいとして
無理やり分けることになんの意味があるのよ

228: 2018/07/02(月) 22:29:42.24
>>175
それが文系のお仕事なのです
日本の文系学者はそんな簡単なこともできませんが

241: 2018/07/02(月) 22:32:43.95
>>175
> どんな話でも、無理やり「ぼくのかんがえた6つの類型」
> のどれかに押し込んでるだけだろ
> 無理やり分けることになんの意味があるのよ

自己満というか歪さを感じるよな
無理やりマウント取りたがる奴に似てる

240: 2018/07/02(月) 22:32:43.26
>>1
1と5は何が違うの?

251: 2018/07/02(月) 22:34:09.60
>>1
ドグラマグラはどれだ


370: 2018/07/02(月) 22:56:05.64
>>1
全て消滅するのはどれに当て嵌まるんだ?
デビルマンとかブラックマトリクスとかぼくらのとか大量にあるんだが?

377: 2018/07/02(月) 22:56:41.72
和泉式部日記も
古典文学の金看板挙げてるけど

見方によっちゃ夢見がちで頭の弱い、ヤリマン女の愚痴ブログだからな
こういうのを>>1で一般化するのは無理がある

418: 2018/07/02(月) 23:05:09.57
>>1
源氏物語は?
世界初の女性著者による長編小説だろ

463: 2018/07/02(月) 23:13:44.88
>>451
だって>>1がそう言ってんだから、こうしたらそうなるんだよ。
だから意味がないっての。
構造と文脈って違うじゃん?
世の中には右翼か左翼に分けれる、または行ったり来たりする人だ
ぐらいの話だろ?

466: 2018/07/02(月) 23:14:54.79
>>1
ドグラマグラは?

475: 2018/07/02(月) 23:17:01.74
>>1
ねこじるってどれよ

476: 2018/07/02(月) 23:17:27.86
>>1
ドラゴンボールは
強さのインフレなんて知らないだろこのおっさん

534: 2018/07/02(月) 23:30:54.12
>>1
不幸な産まれ → 不幸な思い出 → 不幸な出来事 → 不幸な結末

な、胸糞漫画はどれ?

コミックサイトの広告に釣られて読んで、後悔する系なアレ


540: 2018/07/02(月) 23:31:58.27
>>534
オイスターの漫画みたいなな。

587: 2018/07/02(月) 23:40:48.46
>>1言ってる人はメリハリないのは物語じゃないとか言い出しそう
それ前提なら上がり下がりの回数にはいい加減限りがあるだろうから大半を分類できるでしょうよ

616: 2018/07/02(月) 23:47:08.20
>>587
司馬遼太郎の「花神」で吉田松陰が高杉晋作に語るのよ。
「80過ぎて大往生する爺の人生にも、10歳で死ぬ少年の人生にも、
等しく春夏秋冬があるんだと。
だからどんなにフラットな物語にも、メリハリは必ずある。
たぶんあると思う。
あるんじゃないかな。
まちょと覚悟はしておけ。

624: 2018/07/02(月) 23:48:43.50
>>616
「世に棲む日々」じゃったい。
大河ドラマに引きずられとるな。

666: 2018/07/02(月) 23:56:37.78
>>647
二度あることは三度ある、これが宇宙の真理であったということが確認されたわけだ
四度目はないのである

748: 2018/07/03(火) 00:15:53.54
>>1
で?『青い鳥』の物語はどの類型に入るのかな?

795: 2018/07/03(火) 00:28:53.29
>>1
人生楽ありゃ?
勧善懲悪ものね

816: 2018/07/03(火) 00:34:26.35
>>1
イノベイター型
最初はそんなに仲良くないのに共闘するうちに「俺たちは仲間だ」てなって
でも片方は肉体は死んで精神だけが生き残ってチ・フェラリオみたいになって
もう片方は「俺達の戦いはこれからだ」みたいになる話

821: 2018/07/03(火) 00:35:15.16
>>816
なにそのウォーキング・デッド

847: 2018/07/03(火) 00:50:43.84
>>821
そう解釈されるとは思わなかった
たまげたなあ

819: 2018/07/03(火) 00:35:03.68
>>1
さあ今こそ決断する時だ!
死んで楽になるか、生きて悲しみと戦うか!
自分の感じるままに!物語を動かすときだ!

830: 2018/07/03(火) 00:38:13.89
>>1

つまり、上がったり下がったりしないと
物語として体を成さない、ということか

ほんまかいな

857: 2018/07/03(火) 01:04:43.93
>>1
上昇と下降の二つしかないじゃないか。

859: 2018/07/03(火) 01:06:16.32
>>1
犯人は、20~30代もしくは40~50代の犯行

873: 2018/07/03(火) 01:15:42.51
>>1
漫画家の区分かと思ったわ

894: 2018/07/03(火) 01:44:45.67
なんか昔テレビで江川達也が売れるマンガの法則として>>1と似たような事言ってたのを思い出したわ

901: 2018/07/03(火) 01:52:51.46
>>1
これは分類って言わないだろ
ただのパターンだ

908: 2018/07/03(火) 02:01:35.09
>>901
パターン分けも分類のひとつじゃないかな

913: 2018/07/03(火) 02:07:11.39
>>1
タイプって上昇と下降の組み合わせじゃねーか、こんなもん分類できて当たり前

って言おうとしたが上がりも下がりもしない日常系と言うジャンルが無いな


人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。